• ホーム
  • 精神科の受診やツボ押しでも治らない時はミカルディス

精神科の受診やツボ押しでも治らない時はミカルディス

高血圧はストレスが高くなったときにも起こるので、普段は安定した血圧の方でも何かのきっかけで急激に高くなり、具合が悪くなってしまうことがあります。
家族間のトラブルや将来に対する不安、重大な仕事を任されたときなど生活状況の変化により、気持ちが不安定になるとそのような症状が起こりやすくなります。
ストレスや不安による高血圧は精神科で治療を受ければ、ある程度は抑えることが出来ます。
精神科のお薬を飲めば強い不安感がなくなり、血圧も正常値に戻るので頭痛やめまい、肩こり、手足のしびれといった高血圧によって起こる症状を抑えられるので、まずはお医者さんに診てもらうようにしましょう。
また精神科で治療を受ける以外にもツボを刺激してもらうことでも高血圧の症状を抑えることが出来ます。

ツボを押すだけでなぜ高血圧が改善するのかはまだよくわかってはいませんが、血流がよくなるのでその結果、血圧が下がるのではないかと考えられています。
お近くのマッサージサロンへ行けば、血圧改善に効果のあるツボを押してもらえるので、試してみるようにしましょう。
精神科に通ったり、サロンでツボを刺激してもらっても、血圧が下がらなかったときは、ミカルディスという薬を服用するようにしてください。

ミカルディスは血圧降下剤で、血圧の上昇に関係する成分の働きを抑制できるので、定期的に服用すれば、高血圧改善に役立ちます。
病院や診療所に行けば、お医者さんが処方してくれますが、それ以外の方法でミカルディスを入手したいときは、個人輸入代行通販に注文するとよいでしょう。
病院に行くと診察費などの余分なお金がかかりますが、個人輸入代行通販なら薬代の支払いだけで済みます。

関連記事